読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレマン・ド・ロワール・ブリュットの感想!ラングロワ・シャトー

お手頃なモノを探していたら、このクレマンにたどり着きました。ゲストの皆さんには!なぜかキュベよりNVのこちらのほうが好評でした。スタンダードクラスのシャンパーニュにも決してヒケを取りませんよ。

こちらになります!

2017年02月21日 ランキング上位商品↑

クレマン・ド・ロワール・ブリュット ラングロワ・シャトークレマン・ド・ロワール・ブリュットNVラングロワ・シャトー(泡・白)[Y][A][P]

詳しくはこちら b y 楽 天

シャキッとした口当たりですが!余韻がそこそこ長いせいか!薄っぺらな印象はありません。すっきり辛口で、そこそこフルーティで香りもあります。和食との相性も良いようですロワールと云っても、ロワール河の流域(約1.000km)に及ぶ、広大な産地ですから、地区によって様々なタイプがありますが、これはロワールを代表する泡モノの一本かと思います。同時購入のシャンパンストッパー(SCIP社)とボトルもフィットしましたので、2回に分けてチビチビやります(笑)。あんまり知識はないんですが味はその辺のシャンパーニュのNVと大差ありません。むしろそのギャップを楽しめる、コスパの高い一本ですね。。色んなシーンで活躍してくれそうな一本です。